フルートレッスン風景

自分の心に蓋をすると音楽の表現の仕方が分からなくなる

投稿日:2018年8月8日 更新日:

とある主婦の生徒さん。
いつも子どもや旦那様に合わせる生活。
心がやすまる暇がない。

だから、自分がこうしたい、ああしたい、というものがなくなってしまっていた。

主婦だからこうあるべき。
お母さんだからこうあるべき。
お父さんだからこうあるべき。
男だから、女だからetc

この~すべき、は、ほぼ、両親や周りの人から言われた言葉なのだ

そんな風に言われると、自分ってダメな人間だったんだって思ってしまう。
そうして、いつしか、自分の心に蓋をしてしまう。
嫌われたくないから。
言い争いをしたくないから。

 

そうして、そんな日々を送っているうちに、音楽やっていて

どういう風に表現したいか分からない

そういう壁にぶちあたってしまっていた。

その生徒さんには、

もっと自分の心を聞くようにしよう。
それが自分を大事にするってこと。
もうお子さんも大きいので、自分をもっと優先していこう。
自分がダウンしてしまうまで我慢するのはやめよう。

というアドヴァイスをした。
これが我慢していることだったのか、自分はこうしたかったのか、という事に、一つ一つ自分で気がつかないとダメなので、かなり時間がかかると思うのだけど、頑張って取り組んでもらい。

そうしたら、絶対に、人生楽しくなるし、フルートの腕前もガタンとあがる日が来るから。

お知らせ

 

美鈴先生のきまぐれトーク
ネットラジオです
YouTube
演奏動画、レッスン動画などをアップしています
チャンネル登録大歓迎♪
Twitter
過去記事のシェアや日常のつぶやきをしています♪
Facebookページ  いいね、ください♪
過去の演奏動画のシェアをしています♪
note
音楽以外の記事をアップ

お知らせ

1

・対面レッスン再開しています! コロナの影響により3密要素のまったくないお寺の一室で行っています。安心してレッスンを受けていただける上に響きがよいと生徒さんに好評です(*´ω`*)ぜひ、一度、体験レッ ...

-フルートレッスン風景
-

Copyright© 上條美鈴 Web Site , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.