美鈴のコラム

思うような結果が得られなかったとしてもあなたの価値は変わらない

投稿日:2015年2月9日 更新日:

昨日、管打楽器ソロコンテスト大阪大会にて銀賞を獲得した子がこんな事を言ってました。

地区予選の時の方が暗かった。
大阪大会は明るくて人の顔がいっぱい見えた。

いえ、あの、両方同じだったから(;^ω^)

どうしてこんな風に感じたのか


地区予選の時は、回りが暗く見えるほど集中していたのです
だから、この時、自分が納得できる演奏ができたんだと思います。ノーミスでしたからね。

ここまで集中できるって事、珍しいんですよ。しかも、こういう大会では特に。一生に数回味わえるか味わえないかの貴重な体験ができたことは、大阪大会へ進めた事よりもよかったと思います!

舞台には魔物が住む

舞台には魔物が住むと言われてますが、コンクールは特に、緊張という名の魔物が強力で、自制心や平常心を失わせ、普段通りの演奏ができなくなるものなんです。彼女は、この日、まさに、勝利の女神がほほ笑んだんですね。

でも、この魔物に負けてしまって、思うような演奏ができなかったからと言って、あなたの価値が下がるわけでも、してきた努力がなくなるわけでもないんです。今、思った結果が出なくてがっかりしている気持ちが大きい人ほど、努力した、という証拠なのです。

そのことに、誇りを持ちましょう!頑張った自分をほめてあげましょう!!魔物に打ち勝つ方法は、練習をすること、経験を踏むこと。それしかありません。

一度や二度で克服する事はできません。めげずに何度も何度も挑戦するうちに、いつの日か、緊張の中でも冷静に自分を見つめれるようになるのです。

 

こういう経験は日常生活でも活きる

これは、音楽家にならなくても、将来、人前で何か話す必要が出てくる場合がどうしても出てきますから、その時に活きてくるのです。プロにならないから、発表会やコンクール、必要ない、緊張するから嫌、なんて経験を避ける事はやめましょう

いつか、それに立ち向かわなければいけない日は絶対やってきます。そのための訓練だと思ってジャンジャンやっていってくださいね。

 

こちらのコラムを動画もよかったらご覧ください!

お知らせ

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*)

★11月23日(金・祝)ノバティホールにてソロの発表会

★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★オカリナアンサンブル菜の花畑のメンバー募集中!→ココ

YouTube:上條美鈴
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴

-美鈴のコラム

Copyright© 上條美鈴WebSite , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.