フルートレッスン風景

演奏する時に一番どこに力が入っているでしょうか?

投稿日:2016年1月9日 更新日:

ロングトーンから
口でコントロールをしようとしているのと、口の形を「お」に近い形で吹いているため、顎にかなり力が入っていました。

なので、「い」の口をして、喉を「え」の発音をするように歌ってもらったところ、はじめは、顎が動いてしまったのですが、徐々に動かさずに歌えるように。

その時点で一番どこに力が入っているか聞いてみたところ「お腹」という答えが。
これが息の支えだから、演奏するときはいつもそんな風にお腹に力入れるようにね♪

と笑顔で指導。
何故、笑顔なのかは、それが難しいとわかってるからです( ̄▽ ̄)
がんばれ~というエールなのです( ̄▽ ̄)

その後、Kさんもケーラーの花のワルツをやりました
WP_20160108_009

このFのところで、シがかなり低く、歌ってもらっても音程が取れなかったので、これは違うところに問題があるなと、構え方を見直しました。
3点奏法(手でフルートを部分のこと)のを指導して、フルートを横に構えるのではなく、もっと前に放り出すように構えるように指導したところ、すんなりクリアー。今までと全く違う、芯もありつややかな音色に!
後は、Tさんは今回、初見だったので、フレーズ中心に軽く指導して、細かいところは次回に持ち越しとなりました。

お問い合わせ・ご質問など

 

記事のシェアはご自由にどうぞ

お知らせ

1

◆オカリナアンサンブル蓮花(河内長野教室のみ)   12月10日(土) 南大阪オカリナフェスタに参加  12月の練習日は20日火曜日10時半から◆ポラリス・フルートアンサンブル(河内長野教室のみ)   ...

-フルートレッスン風景

Copyright© 上條美鈴 Web Site , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.