「オカリナアドバイス」 一覧

オカリナアドバイス フルートアドバイス

人はやれることの9割を心でブロックかけている

人はやれることの9割を心でブロックかけている その方が脳に負担がないから 脳は急激な変化を嫌うから でも、一つ一つブロック外していくと どんどんやれる事が増えてくる いきなり大きい事すると脳がストップ ...

オカリナアドバイス フルートアドバイス

好きだからやる、それだけでいいんですよ

練習できないから 上達できないから いい演奏できないから 楽器やってる意味って何…? という風に考える人は結構多いです が 好きだからやる、それだけでいいんですよ 誰かに何を言われても自分が楽しくやれ ...

オカリナアドバイス フルートアドバイス

自信をつけたかったら

自信をつけたかったら 自分を肯定してくれる人を周りにおこう 他人を肯定しよう 批判されるから自信がなくなる 批判するからその言葉が自分に返ってこないか不安になる

オカリナアドバイス フルートアドバイス

出来ないから習っているんです

レッスンで ミスしないようにしなくちゃ! 先生の言うようにできないとダメだから気をつけないと! と思ってしまいがちですが 出来ないから習っているんです だから、そんなに気負わなくて大丈夫ですよ

オカリナアドバイス フルートアドバイス

レッスンでは先生の構え方や姿勢を盗もう

レッスンで一番してもらいたいこと それは先生の構え方や姿勢を盗むこと 先生が模範演奏をしている時に楽譜を見ている人はとても多い 人は見るだけでも学習できると科学的に証明されている だから 先生が模範演 ...

オカリナアドバイス フルートアドバイス

苦手なところ、出来ないところほど、何度も何度もしつこく練習しよう

苦手なところ、出来ないところほど、何度も何度もしつこく練習しよう 100回で出来ないなら200回 それでも500回出来ないなら それでも出来ない1000回 それが出来る人がうまくなる

オカリナアドバイス フルートアドバイス

閉じこもって練習するだけが練習ではない

普段あまりやらないことに挑戦してみよう 行かないところに行ってみよう その体験が音楽表現につながる 閉じこもって練習するだけが練習ではない 音楽表現を豊かにしたければ、色んな経験することも大事

オカリナアドバイス フルートアドバイス

ロングトーンで人を感動させられるくらいのいい音を出そう

ロングトーンで音出しだからと適当に吹いたりしてませんか? ロングトーンのような単純な練習でよい音が出せないのに曲で出来るはずがありません ロングトーンで人を感動させられるくらいのいい音が出せるように常 ...

オカリナアドバイス フルートアドバイス

小節線はブレスの位置ではありません

小節線はブレスの位置ではありません ブレスは基本的に長い音符の後、フレーズの切れ目でします どうしても分からなければ音源を探して参考にしてみよう

オカリナアドバイス フルートアドバイス

自分の演奏と向き合うことが上達への近道

自分の演奏を録音して聞いてどこがダメなのかチェックしてみよう 自分の演奏と向き合うことが上達への近道

Copyright© 上條美鈴WebSite , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.