フルートレッスン風景

奥の歯の詰め物がとれたせい?

投稿日:

ヘンデルのラルゴ。

息のコントロールのため、ロングトーンの延長でやってもらってます。

初めはすんごいいい音色なのに後半になるほどカスカスに。
オクターブ上になると顕著です。

なにやら普段とアンブシュアが微妙に違うのが原因でした。
どうも、奥の歯の詰め物が気になってるせい?(笑)

今回だけなのか、これに慣れてしまってこれで安定してしまうのか分かりませんが、今回は、微妙に変化したアンブシュアに合わせて頭部管をすこしづらして吹いてみてもらったところビンゴ!!!

高い音でもよい音色が鳴るように!!

ただ、全体的にあごを動かしてタンギングをしてしまってるため、高音ではこの曲のなめらかな感じが台無しに。なので、あごを動かさないでタンギングする練習をかなりしてもらったところ、かなり改善されました(*´ω`*)

タンギングはまだまだなので、今後も、今日やったことを思い出して練習してもらえるといいです(*´ω`*)

お問い合わせ・ご質問など

記事のシェアはご自由にどうぞ

サイト一覧

◆5月29日(水)YouTubeワンマンライブvol.14

***
YouTubeのメンバーシップ募集中
ほぼカットなしのレッスン動画が見放題!

フルートオカリナの生徒さん随時募集中
大阪府河内長野市・梅田中崎町

お知らせ

1

◆オカリナアンサンブル蓮花(河内長野教室のみ)   ◆ポラリス・フルートアンサンブル(河内長野教室のみ)  

-フルートレッスン風景

Copyright© 上條美鈴 Web Site , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.