ネット教室

ロングトーンでいい音が鳴っているのに曲を吹くとカスカスになるのは何故

投稿日:2017年8月3日 更新日:

レッスンで、ロングトーンで実にいい音が出ているのに、曲になるとカスカスになったり、別人かのような音になったりする事がよーーーくあります。みなさんも覚えあると思います( ̄▽ ̄)

それはどうしてでしょう?

楽譜にかじりつきすぎて、ロングトーンの時に気をつける事ができていた事に気をつけられなくなった

これ以外に理由はありません(笑)

これを防ぐにはどうしたらいいか?

1.出だしを楽譜を見ないで吹いてみて、いい音を鳴らせれるような構え方や吹き方を確認してから曲を吹く
2.かじりつかなくてもいいくらいの、心に常に余裕を持てるゆっくりなテンポで吹く

以外にはありません。
気をつけて練習してみてください(*´ω`*)

吹いているうちに、音がカスカスになる場合はこちらを参照してください。

WP_20161014_070

お知らせ

ブログはほぼ毎日更新しています。
よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*)

今後の教室のイベント
・11月23日 門下生発表会 ノバティホール
・7月15日祝 フルートアンサンブルでボランティア演奏
・7月2日火曜日
オカリナアンサンブル菜の花畑の練習日
&ボランティア演奏
・6月25日火曜日午前中 おさらい会

YouTube:上條美鈴(チャンネル登録大歓迎!!)
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴
Instagram: misuzukamijo

-ネット教室

Copyright© 上條美鈴WebSite , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.