フルートレッスン風景

ロングトーンをはじめたら生徒さんがこんな顔に…【フルート】

投稿日:2016年7月22日 更新日:

だいたい、いつもロングトーンは低いシから始めます。
中低音のシは力が入りやすいからです。

その低いシから半音ずつさがり、最低音のドまでいくと、今度はまたシに戻り、今度は上にあがっていきます。
その最低音のドまで、行って、

「じゃ、上向き、いきましょうか(*´ω`*)」

と言ったら、生徒さんがこんな顔に…

WP_20160722_002

明らかに困ってる…(笑)

私「高い音、音鳴るかどうか悩んでらしたでしょ!!!」

って言ったら、
生徒さん「はははは(笑)」

図星だったようです( ̄▽ ̄)

今日、暑かったですからね~。調子悪くなっても仕方ないです。
でも、高くなるほど息のスピードをあげて、アンブシュア(息を出す口の形)を小さくまとめるように気をつけてもらったら、ちゃんと音鳴りました(笑)

お問い合わせ・ご質問など

公式lineではコンサート情報などをお届けしています♪
ご質問や記事に対するコメントもこちらにどうぞ♪

お知らせ

1

今後の予定8月30日 保冨千晶&上條美鈴フルートデュオコンサート@神戸7月25日 オカリナコンサート@妙長寺6月27日 T君とデュオコンサート@妙長寺5月22日 フルートアンサンブルコンサート@仙台 ...

-フルートレッスン風景

Copyright© 上條美鈴 Web Site , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.