フルートレッスン風景

初めからスタッカートで練習しない

投稿日:2018年4月15日 更新日:

有名な白鳥の踊り。
今回のレッスンの生徒さんはセカンドを吹いてもらいます。


低音ということもあり、何やってるか全然分からない(;^ω^)
スタッカートを気にしすぎて全然音が出てないんですよね。

なので、スタッカートなしでゆっくり吹いてもらいました。
全然、よい音出ません。響きません。

スタッカートなしでこの状態なのに、スタッカートで練習しても、100回やっても1000回やっても、うまく吹けるようにはなりません。

スタッカートが苦手な人は、まずは、スタッカートなしでゆっくり練習してよい音色で吹く練習にかなりの時間を割いてください!

それが出来たら、ようやくスタッカートをつけますが、この曲の場合、短くというより、音が切れていたらOKですので、短くしすぎず曲のイメージを大事にして少しだけ短くする程度にとどめておいてくださいね。

そして慣れてきたら少しづつテンポを上げて練習してみてくださいね!

お問い合わせ・ご質問など

公式lineではコンサート情報などをお届けしています♪
ご質問や記事に対するコメントもこちらにどうぞ♪

お知らせ

1

◆9月26日 上條美鈴音楽教室ソロ発表会◆8月29日 上條美鈴&保冨千晶フルートデュオコンサート@神戸◆7月31日 サラダフェスタ@阪南市◆7月25日 オカリナソロコンサート@妙長寺(残席5席) ・フ ...

-フルートレッスン風景

Copyright© 上條美鈴 Web Site , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.