フルートレッスン風景

ロングトーンも曲だと思ってやってください【フルート】

投稿日:2016年7月8日 更新日:

ますは最初はいつものロングトーンでした。

もうね、3秒で「それ何をイメージして吹いてますか?」と突っ込みをいれてしまいました。

生徒さんは、「え!!!…」と何も言えず笑うのみ。

そーでもしょーとも!!!
何も考えずに吹いてるのバレっバレですからっ!!!(笑)

あれこれいうより、見せるが一番!
と、先日アップしたらこちらの記事のパユの動画を見せました。

その動画はパユがシリンクスを演奏しているのですが、このシリンクス。はじめの音はシ。
そうなんです、ロングトーンで初めに出す音と同じなんです。

音出しだからって、適当に音を出すんじゃなくって、こんな風に曲を演奏するかのように、音を出すんです!舞台の上にいて、ロングトーンで観客を感動させて泣かせるくらいのつもりでやってください!!!

と、ロングトーンに戻ったら、別人の音色が(;^ω^)

こういう風にして最初から、ずっとイメージしながらやると同じ30分の練習でも1年後、3年後、5年後には、ものすごい効果を発揮するんですよね!

なので、よい演奏を聞くのは必須です!
YouTubeやCDでもいいですが、生の演奏は得られるものがさらに違いますので、どんどん演奏会にも行ってくださいね!

お知らせ

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*)

今後の教室のイベント
・6月9日 アンサンブルの発表会。
・6月4日火曜日
午前中オカリナアンサンブル菜の花畑練習日
・6月25日火曜日
午前中おさらい会

YouTube:上條美鈴(チャンネル登録大歓迎!!)
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴
Instagram: misuzukamijo

-フルートレッスン風景

Copyright© 上條美鈴WebSite , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.