フルートレッスン風景

カデンツァがしっくりこない。どうしたらいい?

投稿日:2015年2月7日 更新日:

明日、ソロコンテトの大阪大会本選に出場する子のレッスンでした(*´ω`*)

盛り上がった最後のフルートのカデンツァ(ソロの部分)が、しっくりこない、先生どうしたいいですか?
とのこと。

これは、妻子に去られ悲しい思いでラーメンを食べるおっさんがスープを飲み干す、というイメージでは感じがつかめないんだと判断。

 

私からイメージを与えてみた

もともと、このゴーベールのマドリガルという曲はクレッシェンドディクレッシェンドは、波が引いて寄せてというイメージでと言っていたので、その波のイメージを膨らませて、嵐がこれから来る。だんだん曇って、そしてポツポツ雨が降ってくる。どんどん降って波が荒くなる。どしゃぶり状態。

カデンツァはその状態から、急に雨がやみ波がおさまり、最初のテーマに戻る部分で日が少しさしてくる、こんなイメージで!

と言ったら、目を輝かせて「それいい!!」と。
本人も納得いく演奏ができて喜んでました(*´ω`*)

明日は、賞よりも何よりも、本選に出られた事を楽しもう、自分の音楽を楽しもう、という事を最後に伝えてレッスンを終了。

明日が楽しみです(*´ω`*)
WP_20150207_004

お知らせ

今後の予定
・5月31日 アンサンブル発表会
・3月28日 うっつー先生のはるすいin大阪
・3月12日 アコースティックな春のライブにオカリナアンサンブル菜の花畑にて出演
・2月27日 第5回おさらい会
・2月4日 オカリナアンサンブル菜の花畑練習日

フルート・オカリナ・リコーダー・ファイフの生徒さん随時募集
オカリナアンサンブル菜の花畑メンバー募集
次回のオカリナアンサンブル菜の花畑の練習時は1月7日です

お知らせ

1

今後の予定 ・5月31日 アンサンブル発表会 ・3月28日 うっつー先生のはるすいin大阪 ・3月12日 アコースティックな春のライブにオカリナアンサンブル菜の花畑にて出演 ・2月27日 第5回おさら ...

-フルートレッスン風景

Copyright© ヒーリングフルーティスト美鈴 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.