フルートレッスン風景

カデンツァがしっくりこない。どうしたらいい?

投稿日:2015年2月7日 更新日:

明日、ソロコンテトの大阪大会本選に出場する子のレッスンでした(*´ω`*)

盛り上がった最後のフルートのカデンツァ(ソロの部分)が、しっくりこない、先生どうしたいいですか?
とのこと。

これは、妻子に去られ悲しい思いでラーメンを食べるおっさんがスープを飲み干す、というイメージでは感じがつかめないんだと判断。

 

私からイメージを与えてみた

もともと、このゴーベールのマドリガルという曲はクレッシェンドディクレッシェンドは、波が引いて寄せてというイメージと言っていたので、その波のイメージを膨らませて、嵐がこれから来る。だんだん曇って、そしてポツポツ雨が降ってくる。どんどん降って波が荒くなる。どしゃぶり状態。

カデンツァはその状態から、急に雨がやみ波がおさまり、最初のテーマに戻る部分で日が少しさしてくる、こんなイメージで!

と言ったら、目を輝かせて「それいい!!」と。
本人も納得いく演奏ができて喜んでました(*´ω`*)

明日は、賞よりも何よりも、本選に出られた事を楽しもう、自分の音楽を楽しもう、という事を最後に伝えてレッスンを終了。

明日が楽しみです(*´ω`*)
WP_20150207_004

お知らせ

1

次回の配信コンサートは3月14日日曜日東京から森田愛華ちゃんとお届けします! ・フルートオカリナの生徒さん大募集中! 3密要素のまったくないお寺の一室で行っています。安心してレッスンを受けていただける ...

-フルートレッスン風景

Copyright© 上條美鈴 Web Site , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.