フルートレッスン風景

実はみんな意外にどうやって吹いたらいいのか知っている【フルート】

投稿日:2016年5月18日 更新日:

前からエネスコのカンタービレとプレストをやっている生徒さん。
さんざん、カンタービレの部分をやったので今回はプレストからレッスン

WP_20160518_010

最初まず、16分音符がふぞろいだわもわもわしてるわで、ダブルタンギングがこれは苦手だなと、ダブルタンギングの練習をしました。そしたら口でも言えなかった(;^ω^)
なので、暇さえあったらその練習をするようにと伝えました!

そしてまた曲に戻りますが、低いレからはじまり高音のレで終わりますが、なぜか最後に向けてデクレッシェンドになる…

私「えと、ここで一番大きく吹かないといけないのはドコですか?」
生徒さん「一番高いレです」

私「そやんね~。けど、そこが一番弱く聞こえるねん(笑)」
生徒さん「は、はい…(;^ω^)」

で、その次の逆パターン。高い音から低い音に行くパターン

こちらも何故か最後に向かってクレッシェンド

私「えと、ここで一番大きく吹かないといけないのはドコですか?」
生徒さん「…一番高いソです」

私「そやんね~。けど、そこが一番弱く聞こえるねん(笑)」
生徒さん「は、はい…(;^ω^)」

結構、人間、自分でどうやったらいいのかって知ってるもんです。

人間、指が難しくなるほど、楽譜を読むことに必死になってしまったり、音が高くなるから口を絞めてしまったりするから、こうなってしまうんですよね~。
たまには、自分で自分に質問してみて、その通りに吹けているかどうか確認しながら吹いてみるといいですよ(*´ω`*)

お問い合わせ・ご質問など

 

記事のシェアはご自由にどうぞ

お知らせ

1

◆オカリナアンサンブル蓮花(河内長野教室のみ)   12月10日(土) 南大阪オカリナフェスタに参加  12月の練習日は20日火曜日10時半から◆ポラリス・フルートアンサンブル(河内長野教室のみ)   ...

-フルートレッスン風景

Copyright© 上條美鈴 Web Site , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.