ほんとにイメージひとつでガラリと演奏が変わる【フルート】

ケーラーのエチュード1巻の6番。
WP_20170808_005

吹かれて一体どう吹きたいのかが全然分からなかったので、これは deciso の意味が分かってないなと(;^ω^)

私「これは決然と、思い切ってという意味。短調なので、怒りとか苦しみ悲しみをイメージするといいですかね。どれ選びます?」
生徒さん「怒りにします!」
私「では、音が上がるほど怒りが増して、下がると怒りがちょっと沈む感じでいってください。あ、でも、怒り狂うというより、心の奥底にある深い怒りね。怒り狂ってしまうような表面的な怒りだと、タンギングが強くなってしまうからね」

そうして、吹かれたら。
笑えるほど、素敵な演奏になりましたとさ(*´▽`*)

 

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*) 
TwitterやFacebookでシェアやいいね、この記事にコメント↓お待ちしております(*´ω`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★5月27日 門下生アンサンブル発表会
★4月28日 6年ぶりの地元河内長野でのリサイタル@ラブリーホールホワイエ15時半開演


★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★オカリナアンサンブル菜の花畑のメンバー募集中!→ココ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

YouTube:上條美鈴
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴