フルートレッスン風景

音階練習は息のコントロールのためにやります

投稿日:2018年2月15日 更新日:

こちらのタファネルゴーベルの日課練習を始められた生徒さん。

吹いていて、高音になると息のスピードが足りなかったり、息自体が足りなかったりして音がかする…

なので質問してみました。

「これ、何のためにやるんです?」

返ってきた答えは「…指とか姿勢に気をつけてやる?」

いや、まあ、そうなんですけど、一番気を付けて欲しいこと、今まで、散々、言ってきたつもりだったのですが伝わってなかったようでした( ;∀;)

音階練習は、息のコントロールの練習なんですよ。

こちらのパユのマスタークラス参照

どんな指まわりでも、どんな速さになっても息をずっと流してふくこと。
音が低いならそれにあった息のスピード、高くなるならそれにあった息のスピードにすること。
どんな状態になっても、自分で息をコントロールして良い音色を出して、息が足りないなんてことがないようにすること。

音階を覚えた方がいいのは、そういうコントロールの方に集中できるからなんですね。

とにかく、早いテンポでやろうとせず、めちゃくちゃゆっくりでいいので、よい音が鳴るためには、どういう息を出せばよいのか、それに集中して練習してください。それにはもちろん、姿勢や構え方も密接にかかわってきます。
自由に自然に息を吐き続けれたとき、指も回るようになります。ので、地道で面白くない練習ですが、少しでいいので頑張ってくださいね(*´▽`*)

 

お知らせ

今後の予定
・3月12日 アコースティックな春のライブにオカリナアンサンブル菜の花畑にて出演
・2月27日 第5回おさらい会
・1月7日 オカリナアンサンブル菜の花畑練習日
・1月4日 うっつー先生の限定吹奏楽団in横浜
・12月24日 音楽教室クリスマスパーティ
・12月22日 アンサンブルのコンサートin神戸
・12月14日 アンサンブルのコンサートin京都

フルート・オカリナ・リコーダー・ファイフの生徒さん随時募集
オカリナアンサンブル菜の花畑メンバー募集
次回のオカリナアンサンブル菜の花畑の練習時は1月7日です

お知らせ

1

今後の予定 ・3月12日 アコースティックな春のライブにオカリナアンサンブル菜の花畑にて出演 ・2月27日 第5回おさらい会 ・1月7日 オカリナアンサンブル菜の花畑練習日 ・1月4日 うっつー先生の ...

-フルートレッスン風景

Copyright© ヒーリングフルーティスト美鈴 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.