レッスン【フルート】

音階練習は息のコントロールのためにやります

投稿日:2018年2月15日 更新日:

こちらのタファネルゴーベルの日課練習を始められた生徒さん。

吹いていて、高音になると息のスピードが足りなかったり、息自体が足りなかったりして音がかする…

なので質問してみました。

「これ、何のためにやるんです?」

返ってきた答えは「…指とか姿勢に気をつけてやる?」

いや、まあ、そうなんですけど、一番気を付けて欲しいこと、今まで、散々、言ってきたつもりだったのですが伝わってなかったようでした( ;∀;)

音階練習は、息のコントロールの練習なんですよ。

こちらのパユのマスタークラス参照

どんな指まわりでも、どんな速さになっても息をずっと流してふくこと。
音が低いならそれにあった息のスピード、高くなるならそれにあった息のスピードにすること。
どんな状態になっても、自分で息をコントロールして良い音色を出して、息が足りないなんてことがないようにすること。

音階を覚えた方がいいのは、そういうコントロールの方に集中できるからなんですね。

とにかく、早いテンポでやろうとせず、めちゃくちゃゆっくりでいいので、よい音が鳴るためには、どういう息を出せばよいのか、それに集中して練習してください。それにはもちろん、姿勢や構え方も密接にかかわってきます。
自由に自然に息を吐き続けれたとき、指も回るようになります。ので、地道で面白くない練習ですが、少しでいいので頑張ってくださいね(*´▽`*)

 

お知らせ

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*)

★11月23日(金・祝)ノバティホールにてソロの発表会

★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★オカリナアンサンブル菜の花畑のメンバー募集中!→ココ

YouTube:上條美鈴
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴

-レッスン【フルート】

Copyright© 上條美鈴WebSite , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.