上達のために必要な考え方

頂上にいかなくても、山登らなくても

投稿日:2015年3月11日 更新日:

私が毎年箱根駅伝のたびに読み返す本、「風が強く吹いている」って本があります。

主人公のハイジが、ほとんど陸上の経験をない同じ下宿先に住むメンバーで箱根駅伝をめざすという無茶な話です。

このハイジが言う言葉が実に奥深い。

「頂上が見てみたくないか?」

この意味はぜひ本を読んでどういう意味なのか考えてみてください。

みんな何かをはじめると、頂上をめざします。
なかなか頂上は見えません。
けど、いつか見えるんです。頂上が。
きっと、遥か彼方に見えて気絶しそうになると思います・大爆笑

でも、頂上にいかなくても、山登らなくても、頂上がどんなもんか感じられる方法があるんですよねー。

ズバリ、頂上に登った人に会うことです!

できたら話を聞くことです。
本でも映画でも構いません。

頂上に行ったことのある人の言動、行動は、すごく勉強になるんですよね!そして、もし、これはいいなって思うところがあったら、少しだけマネしてみるんです。少しだけですよ?あくまで自分のペースでやらないとダメですよ?そしたら…なんか頂上みえた気がする…低い山だけど登れちゃったりする…ことがあります。気だけかもしれないですが、それだけでも気分いいですよ!

頂上の人、アドリアン。
こんな風にツーショット撮るだけでも頂上に上った気分になれます♪

2014年10月の写真

お問い合わせ・ご質問など

 

記事のシェアはご自由にどうぞ

お知らせ

1

◆オカリナアンサンブル蓮花(河内長野教室のみ)   12月10日(土) 南大阪オカリナフェスタに参加  12月の練習日は20日火曜日10時半から◆ポラリス・フルートアンサンブル(河内長野教室のみ)   ...

-上達のために必要な考え方

Copyright© 上條美鈴 Web Site , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.