吹いているとお腹がぐるぐるなるんです!

楽器を吹いているとお腹がぐるぐるなったりしませんか?
それは、胃がなっているんですよね。

何故、胃がなるかというと、腹筋を使っているからなのです。
なので、よい事なのです!
けど、恥ずかしいですよね(笑)
だから、ならないようにしたいですよね(笑)

そして、ならない方が正しい吹き方でもあるのです。

どうして、胃がぐるぐるなってしまうのかは、お腹がへこんだり膨らんだりするから。

息の支えとは、吹いてる間充、お腹はかたく膨らんだままなのが正しいのです。

なので、楽器を吹くときは常に胃を前に出すように膨らんだままをキープできるように頑張ってみてください。
できたら腹筋運動もして鍛えてください!

そうしているうちに、ならなくなるし、よい音色、豊かな音色、安定した音色が出てくるようになりますよ!

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*) 
TwitterやFacebookでシェアやいいね、この記事にコメント↓お待ちしております(*´ω`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★オカリナアンサンブル菜の花畑のメンバー募集中!→ココ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

YouTube:上條美鈴
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴