大阪在住フルートオカリナ奏者。大阪河内長野市と梅田中崎町にあるフルートとオカリナの大人から子供のためのレッスンの教室を運営

上條美鈴 Web Site

演奏会・イベントのお知らせ

上條美鈴フルートリサイタルVol.8 2022年7月18日

投稿日:2022年3月27日 更新日:

今年の7月に4年ぶりのリサイタルを行います。今回で8回目になるコンサートは、この4年間に学んできたことを出したいと思っています!




前半は近現代の曲を選んでいます。近現代の曲は聞くのも難しい曲が多いのですが、今回、選んだ2曲は、そういう曲ではなく、とてもわかりやすい曲となっています。

タクタキシヴィリは民族音楽のようなメロディーが多く、ダンスが出来そうな楽しい曲です。タクタキシヴィリはジョージア(グルジア)の生まれで、だからなのかロシアの作曲家っぽい雰囲気がところどころにあり、そんなところも伝わるように演奏出来たらと思っています。

一方、グリフェスのソナタは短調で悲哀にみちた出だしから、途中、不思議な国に迷ったような、そんなメロディーに変わります。その後は、悲しみなのか力強いメロディーへと移り、最後はまた悲哀にみちた冒頭のメロディーで終わります。ポエムという題名がついていますので、私なりの物語を作って演奏したいと思っております。




後半はオペラの曲を選びました。

カルメンはみなさんご存知なので説明は要らないですよね。ファンタジーというのは、空想的なという意味ではなく、同じメロディーがどんどん変わっていく形式のものを指します。

特にこの曲はフルートのテクニックをひけらかすために書かれた曲でもあるので、徐々に難しいバリエーションへと移っていきます。それが、フルートの華やかさを引き出して曲を盛り上げていきます。そのあたりを楽しんでいただけたらと思います。

最後に演奏するタファネルのミニヨンの主題によるグランドファンタジーですが、アンブロワーズ・トマが作曲したオペラで、とても素晴らしい曲が沢山ちりばめられたオペラです。こちらもフルートのテクニックを見せるような編曲になっていますが、オペラの持つよさを大事に演奏したいと思います。



今回、伴奏は西岡仁美さんにお願いをしました。

経験豊富な方なので、とても楽しみにしています。合わせはこれからやっていきますが、私の音楽観をお伝えしながら、二人の音楽の世界を作り、それを当日表現したいです。

ぜひ、そんな演奏を聴きに7月18日のリサイタルにいらしてください。お待ちしております。


◆Webチケット販売開始しました(5月20日)

お問い合わせ・ご質問など

公式lineではコンサート情報などをお届けしています♪
ご質問や記事に対するコメントもこちらにどうぞ♪

お知らせ

1

◆オカリナアンサンブル蓮花(河内長野教室のみ) ◆ポラリス・フルートアンサンブル(河内長野教室のみ) 

-演奏会・イベントのお知らせ

Copyright© 上條美鈴 Web Site , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.