私のこと

舞台の魔物に完全に取りつかれてしまったな(笑)

投稿日:2018年8月27日 更新日:

冬の合宿の発表会で
今だかつてない大撃沈演奏をしてしまった。
自分のふがいない演奏に大泣きした。

この時に思ったことは
舐めてかかると
コンクールでこういう目にあうぞ
ということだった。

後、私と同じ曲を高校生の子が
ほぼノーミスで吹いていたのだ。
こっちはプロだというのに
ありえない演奏してしまって
なんて情けないって思った。
あんな風に演奏したいって思った。
本人に聞いたら
何度もコンクールや学内で
演奏しているから慣れているんです
という答えに…

単に準備不足で私は自分で勝手にこけたんだと猛反省したのですよ。

だもんで、今度は用意周到に
準備してコンクールに挑んでやるぞ!!!
と固く誓って挑んだわけ。
・まずはモーツァルトの楽譜を暗譜(3月には覚えていた)
・暗譜し終わったら、基本、楽譜を見ずに練習(たまに伴奏譜で確認しながら練習)

・4月にリサイタルをやり人前で演奏する
・その後は他の曲をやりたい気持ちに我慢してひたすらコンクールの曲だけを練習
・7月の初めにピアニストさんに誘われて音楽サークルの発表会に出る
・7月の終わりにそのサークルで知り合った方に誘われてホールでリハーサルをする
・合宿に参加してレッスン&発表
・合宿から帰ってきてからは、ひたすら本番直前まで音程やアーティキュレーションや表現に気をつけながら超スローテンポで練習。

この間、およそ7か月。
まあ、プロならやって当然のことだろう。

が、仕事もしながらなやるのは
結構、いや、かなり、いや、超絶しんどかった!

が、ここまでやってようやく
うまくなるための練習とは
ここまでやらないといけないのだと実感。
今まで、なんて自分って甘かったんだろうって。

 

でも、これ、やらないとわからないことだったね。
だから、この年で、しかもある程度音楽で
生活してる状態でコンクールに出る
というのはとてもプレッシャーだったけど
出ることにしてよかったなと。
確実に上達したし。
終わった後、真っ白に燃え尽きた、と思った。

こんなに思えるほど頑張ったのは
いつぶりだろうか。
ひさしぶりに昨日は疲れて
ヘロヘロなのに頭が興奮して
しまってなかなか寝付けない
そんな夜だった。
こういうのも久しぶりだった。

今もとても心地よい疲れと
頑張った充実感でいっぱい。

これもここまでやった人間に
しか味わえないご褒美。
音楽家がなぜ
ストイックに練習をするか。
うまくなりたいから
お客さんを喜ばせたい
という気持ちも当然あるだろうけど
自分がやれるだけやった時の
何とも言えないこの充実感。
これも味わいたくてやってるような気がする。

結果がどうであれ
ここまでやり切ってこんな思いができた。

それだけでも十分価値があって
貴重なものだったな~と。

48歳でこんな思いって
早々できるもんじゃない。
私、すごいぜ(笑)

今後は、門下生発表会や演奏会で
こんな体験ができるよう
ストイックに頑張っていこうと思う!
あはは、舞台の魔物に完全に取りつかれてしまったな(笑)

その後、チャーミングなモーツァルトでした
と言う、講評をいただいた。
コンクールのような舞台で自分の演奏が出来たという証。
そのことに、自信を持とうと思う!

でいsたと

お知らせ

今後の予定
・5月31日 アンサンブル発表会
・3月12日 アコースティックな春のライブにオカリナアンサンブル菜の花畑にて出演(コロナウィルスの影響により中止となりました)
・2月27日 第5回おさらい会

 

お知らせ

1

生徒様へ:コロナウィルスに関して 今後の予定 ・5月31日 アンサンブル発表会 ・3月12日 アコースティックな春のライブにオカリナアンサンブル菜の花畑にて出演(コロナウィルスの影響により中止となりま ...

-私のこと

Copyright© ヒーリングフルーティスト美鈴 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.