大阪在住フルートオカリナ奏者。大阪河内長野市と梅田中崎町にあるフルートとオカリナの大人から子供のためのレッスンの教室を運営

上條美鈴 Web Site

フルートレッスン風景

息の太さ細さをこんな風に考えてみよう

投稿日:2018年8月3日 更新日:

とある生徒さん。高い音でどうしても口に力を入れてしまい鳴りにくいので、音出しの前に頭部管のみで音を出す練習をしているのです。頭部管だけで低い音と高い音を出します。高い音の時、今まで口でコントロールしてきたので、どうしてもうまくいきません。

なので、低い方の音の息の細さをうどんとしたら、高い方の音の息の細さをソーメンくらいのイメージで。口をしめるというより、息をしぼるようにしてみてください。

と指導したところ。

ピーーーー!!
と高い音が鳴り、吹きながら目を丸くされる生徒さん!

この後に、ロングトーンをやったら、いつもは苦労される3オクターブ目もすんなり鳴るようになりました!

めでたし、めでたし(*´ω`*)

お問い合わせ・ご質問など

公式lineではコンサート情報などをお届けしています♪
ご質問や記事に対するコメントもこちらにどうぞ♪

お知らせ

1

◆オカリナアンサンブル蓮花(河内長野教室のみ) ◆ポラリス・フルートアンサンブル(河内長野教室のみ) 

-フルートレッスン風景

Copyright© 上條美鈴 Web Site , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.