フルートレッスン風景

バッハBWV1020 1楽章のレッスン2

投稿日:2018年1月29日 更新日:

前回のつづきです。
こちらのメロディー。

ここは、どんなイメージにしますか?
「暗いところから、明るい庭に出てきた感じ?」

「…いや…それ、イメージ弱いですよ…きらびやかなシャンデリアとか、5月の天気のよい日に風がさーっと城にふくような爽快さが欲しいです」
そう言うと、少しは良くなったんですが、それでもなにやら、スッキリしない…
私「ひょっとしてシングルタンギングでやってます?」
生徒さん「はい」
私「これ、インテンポでやる時、シングルタンギングでやれますか?」
生徒さん「いえ、ダブルじゃないと無理です」とのこと。
なので、ダブルタンギングでやってもらったら、音の輪郭がようやくはっきりして、爽快さとかきらびやかさが!

「シングル苦手だから、このくらいゆっくりなテンポでも、どんな曲でもダブルタンギングを使うようにと指導。
次回に持ち越しとなりました。

ちなみに、インテンポでダブルタンギングで吹く曲は、めちゃくちゃゆっくりのテンポでやる時から、必ず、ダブルタンギングを使って練習してくださいね!!

お知らせ

ブログはほぼ毎日更新しています。
よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*)

今後の教室のイベント
・11月23日 門下生発表会 ノバティホール
・7月15日祝 フルートアンサンブルでボランティア演奏
・7月2日火曜日
オカリナアンサンブル菜の花畑の練習日
&ボランティア演奏
・6月25日火曜日午前中 おさらい会

YouTube:上條美鈴(チャンネル登録大歓迎!!)
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴
Instagram: misuzukamijo

-フルートレッスン風景

Copyright© 上條美鈴WebSite , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.