ネット教室

吹いているとつばがどんどん出てくるんです!

投稿日:2017年11月10日 更新日:

吹いていると、つばがどんどん出てくるんです!
という生徒さんは多いです。

それは、タンギングで舌を動かしすぎているからです!!!

つばの出る場所は、舌の下です。
舌を動かしすぎると、つばが出る腺を刺激してしまってどんどん出てきてしまうのです。食べ物を食べるとつばが出てくるのはこのためです。
まずは、あごを動かさないように、口をあまりあけないように、タタタタと優しく言う練習をするといいと思いますよ。そうして同じようにフルートやオカリナで吹くときにも同じようにやる。それだけです。

日本では、タンギングを小学校のリコーダーで「tuー、tuー」で教えますが、これが一番の原因。こうすると強くタンギングしすぎる傾向になるので、どちらかというと「da、la」のイメージで。「tu」はアクセントの時に使うようにしてみてください。

WP_20161014_026

お知らせ

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*)

今後の教室のイベント
・6月9日 アンサンブルの発表会。
・6月4日火曜日
午前中オカリナアンサンブル菜の花畑練習日
・6月25日火曜日
午前中おさらい会

YouTube:上條美鈴(チャンネル登録大歓迎!!)
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴
Instagram: misuzukamijo

-ネット教室

Copyright© 上條美鈴WebSite , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.