ネット教室

はじめはちゃんと音が鳴っているのにだんだんカスカスになるのは何故?【フルート】

投稿日:2017年7月21日 更新日:

練習していてはじめは音がなっているのに、だんだん音がカスカスになってくる…
そんな事はありませんか?

どうしてそうなるのでしょうか?

1.曲が進むにつれて上半身や指に力が入る
2.力が入るから息が浅くなる
3.力が入るから頭部管をうちむけ(外向け)にしている

が主な原因です。

でも、指に力入れないように、というのはなかなか難しいので、息をたくさんすうように意識しましょう。はじめは、そこでフレーズが止まってもいいので、ゆっくりたくさん吸いましょう。ベルリンフィルのエマニュエルパユは、息を吸うときに会場の空気を全部吸い込むように吸えと公開レッスンでいってました。そんなつもりですってくだい。

後、キーを天井に平行にするイメージで楽器を持つように心がけてみてください。
これだけで、かなり改善しますよ(*´▽`*)

WP_20161014_076

お知らせ

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*)

★11月23日(金・祝)ノバティホールにてソロの発表会

★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★オカリナアンサンブル菜の花畑のメンバー募集中!→ココ

YouTube:上條美鈴
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴

-ネット教室

Copyright© 上條美鈴WebSite , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.