ネット教室

息の支えとは【フルート・オカリナ】

投稿日:2017年7月20日 更新日:

息の支えが出来ていると
上半身にも力入らず指も回るし、よい音もなるようになります。

でも、それどうやったらいいの????

一番簡単な方法は大声を出してみる

誰でも大声を出すと腹筋に力を入れて声を出します。

その時、力入れたの感覚を覚えておいて、楽器を吹くときにずっとその状態を維持して吹くことが息の支えが出来ているということです。
ようは楽器を吹いている間、お腹がふにゃふにゃ状態だとNGってことです。

私は楽器構えたら、腹筋カッチンコッチンです。
吹いてる間中、ずっとカッチンコッチンです。
はい。2時間でも3時間でも4時間でも。

だもんで、昔よりウエスト周り増えましたとも(笑)
他にわかりやすい方法は

誰かにお腹を押してもらって、それに反発するように力を入れる

です。
いきなり頑張ると筋肉痛になるので少しづつ鍛えていってくださいね~♪

お知らせ

ブログはほぼ毎日更新しています。
よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*)

今後の教室のイベント
・11月23日 門下生発表会 ノバティホール
・7月15日祝 フルートアンサンブルでボランティア演奏
・7月2日火曜日
オカリナアンサンブル菜の花畑の練習日
&ボランティア演奏
・6月25日火曜日午前中 おさらい会

YouTube:上條美鈴(チャンネル登録大歓迎!!)
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴
Instagram: misuzukamijo

-ネット教室

Copyright© 上條美鈴WebSite , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.