フルートレッスン風景

指がしびれるほどキーを押さえないようにしよう

投稿日:2016年1月16日 更新日:

修理に出していた楽器が返ってきたので、そちらでの初レッスンとなりました!手にされ、音を鳴らして「先生!よくなります!」と喜んでらっしゃってよかったです(*´ω`*)
よくあの状態の楽器で練習していたものです。

なので、指がしびれるほどキーを押さえるような癖がついてしまったんですよね(>_<)

音出しで、まずお腹で息を支えるコツを歌って感じた後、お腹を意識して吹くように指導。さらに、楽に音が出るようになったと喜んでくださいました(*´ω`*)

その後、楽器を構えずに指を押さえて、力入れてない状態の手の状態がどういう感じなのかをつかんでもらい、それを意識して、曲をゆっくり吹いてもらいました。まだ完全に力はとれませんが、それでも前よりずいぶんリラックスできてるため、音色も変化しました!

こちらは時間がかかるのですが、リラックスできるほど、よい音色が出るようになるので頑張ってもらいたいです(*´ω`*)

この日は、自分の楽器に戻ったということもあり、こんな風に基本的な構えや吹き方中心のレッスンとなりました!

戻ってきた生徒さんの楽器♪
修理してくださったドルチェ楽器さま。ありがとうございました(*´ω`*)

WP_20160109_001

お問い合わせ・ご質問など

記事のシェアはご自由にどうぞ

サイト一覧

◆5月12日 第3回ポラリスフルートアンサンブルコンサート
門下生外の募集を今回も募集いたします

 

***
YouTubeのメンバーシップ募集中
ほぼカットなしのレッスン動画が見放題!

フルートオカリナの生徒さん随時募集中
大阪府河内長野市・梅田中崎町

お知らせ

1

◆オカリナアンサンブル蓮花(河内長野教室のみ)   ◆ポラリス・フルートアンサンブル(河内長野教室のみ)  

-フルートレッスン風景

Copyright© 上條美鈴 Web Site , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.