大阪府河内長野市と大阪梅田中崎町にてフルートとオカリナを個人レッスンしています

フルート奏者上條美鈴WebSite

ネット教室

ソロコンをフルートで出る中高生の方へ

投稿日:2015年12月7日 更新日:

ソロコンが近づいてきましたね!
当サイトに、ソロコンの検索でこられる方が増えてきたので、フルート習ってない生徒さんのために、フルートでどんな事を気を付けたらいいのかいくつかアドヴァイスをします(*´ω`*)

 

1.自分の実力に見合った曲を選ぶ

コンクールって、めちゃくちゃ緊張します。
ほんとに緊張します(笑)

だから、難曲を選んじゃったりすると…緊張して指が回らない…
思うように演奏出来ないまま終わってしまう…

そんな事になりがちです

なので、プロの先生に習ってない生徒さんは絶対に難しい曲を選ばないで、簡単な曲を選ぶようにしてください。

簡単な曲でミスなくのびのび演奏した方が点数は伸びるんですよ!
暗譜してすらすら出来るくらいの曲を選んでください

 

2.フルートの曲を選ぶ

 

フルートがよく聞こえる音域ってあるんですよね。
それをよく分かって作られているのがフルートのための曲。
そうじゃない曲は、低い音ばかり出てきたり、ぱっとしない場合が多いです。

ソロコンは、フルートだけが上手く吹けていれば点数が出るというワケじゃないんですね。

ピアノとのアンサンブルも見られます。
ピアノでフルートの音がかき消されたりしたら、点数はほとんどつきません。

 

3.バッハ・モーツァルトは選ばない

バッハ・モーツァルトは、大きなフルートのコンクールでよく課題曲になるような曲です

どうしてか?

それだけ、技術的にも表現的にも難しいからです。
当然、評価が辛くなります。

私も、生徒さんがコレ持って来たら、スイッチ入ってしごいてしまいます(;^ω^)
どんな賞でもいいからやりたい、という理由以外ではやめましょうね(;^ω^)

 

4.伴奏者はプロのピアニストを頼む


友達に気軽に頼んだのはいいけど、伴奏の友達も緊張して失敗してしまって、それで自分も失敗。終わった後、友情にヒビが入る…なんて事はしょっちゅうです。そういう場面を会場で、何度も見てきてます。

なので、友達がかなりのピアノの名手でない限り、頼まない方がいいです。

プロに頼めばお金はかかりますけど、どんなにミスしてもむちゃくちゃなテンポでやってしまっても、絶対に自分に合わせて伴奏してくれるので、それだけで安心感が全く違います。当日の不安材料を少しでも減らし、自分の演奏に集中するためにも伴奏はプロに頼みましょう。

誰か友達で習っている子がいると思うので、その子に相談して紹介してもらうといいでしょう!

ソロコンは、舞台度胸に出ている人がほとんどだと思いますが、中学生の場合は、金賞をとったり、本戦に出れたりすると、私立高校を受ける際のアピールポイントにもなりますし、学校によっては、吹奏楽部に入るなら特待生で入れる学校もあります。

なので、軽い気持ちで参加したりせずに、自分のためにも、しっかり取り組んでもらいたいなと思います。
なにより、よい評価が得られれば、自分が一番、うれしいですしね(*´ω`*)

 

お知らせ

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*)

★11月23日(金・祝)ノバティホールにてソロの発表会

★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★オカリナアンサンブル菜の花畑のメンバー募集中!→ココ

YouTube:上條美鈴
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴

-ネット教室

Copyright© フルート奏者上條美鈴WebSite , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.