息が一定に出ているか、目で見て確認する方法

楽器を吹いていると、息が一定して出ず、ビブラートをかけているわけではないのに、音が揺れたりします。これは、一定の息が出てないからです。水道でたとえると、一定の量の水が出続かないで、どばっとでたりすくなくなったりしているのです。

この息が一定に出ているか。目で見て確認する方法があるんですよね。

水の入ったコップにストローを入れて、ストローから息を出す。
それだけです。
やってみると、出てくる泡が大きくなったり小さくなったりするはずです。
この泡を同じ大きさでずっと出るように練習してみてください。
以外と難しいはず。
効果抜群なのでぜひ、試してみてくださいね!(*´▽`*)

あ、でも、お店ではやらないでくださいね!(笑)

動画ではその方法で循環呼吸をやって遊んでみました★

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*) 
TwitterやFacebookでシェアやいいね、この記事にコメント↓お待ちしております(*´ω`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★11月23日 教室ソロの発表会 
★11月19日 河内長野市商工祭 One Love FESTE 2017
★11月3日六甲アイランドのfeelさんにてギターのsonggwi君とBGM演奏
★10月20日(金)ピアニスト濵口真理子主催アンサンブルコンサート@豊中
★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★フルートオカリナ奏者上條美鈴★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー