喜怒哀楽は音楽やるには激しい方がいい

喜怒哀楽。
人間だからあるものです。

が、これ、大人になると、以外に押さえてる人が多いんですよね。

子供っぽいと思われたくない
出来る人と思われたい

だからクールでいよう

苦しくても悲しくても悔しくても笑っているのがいい
母親なんだからいつも笑ってないと!

けどね。
表現力豊かになりたかったら。
これ、マイナスです。

喜怒哀楽は激しければ激しいほど表現力は増します。

別に、ほんとにバカみたいに笑ったり泣いたり悲しんだり落ち込んだり喜んだりする気持ちを周りに見せる必要はありません。その気持ちを蓋してしまわず、自分の気持ちを素直に受け止めてみる。
それだけでいいんです。
それだけで全然違うと思いますよ(*´▽`*)

私?人前でもバカみたいに笑ったり泣いたりしますよ( ̄▽ ̄)
それが私だもん♪

WP_20160703_004

 

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*) 
TwitterやFacebookでシェアやいいね、この記事にコメント↓お待ちしております(*´ω`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★11月23日 教室ソロの発表会 
★11月19日 河内長野市商工祭 One Love FESTE 2017
★11月3日六甲アイランドのfeelさんにてギターのsonggwi君とBGM演奏
★10月20日(金)ピアニスト濵口真理子主催アンサンブルコンサート@豊中
★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★フルートオカリナ奏者上條美鈴★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー