楽譜に書き込みすぎると脳が混乱する

先生に言われたことは、全部メモしないと!!
と、楽譜にメモをする方が多いです。

でも、メモは最小限にしましょう!

楽譜にかきこみすぎると脳が混乱してしまいます。

机の上に物が散乱していたら、何が大事で大事ではないかわかりませんよね?
それと同じ。

でも、メモしないと忘れてしまう…!不安!

という方は、忘れないようにしっかり話を聞きましょう。
人間、絶対忘れないように、と覚悟して聞けば結構覚えているもんです。
そもそも、レッスン中にメモを取りすぎると、書いている時間ばかりがすぎて、実質的なレッスンが減ってしまいます。そのことの方が大きな損失となります。

ですが、時間が経てば人間は忘れてしまう生き物なのは事実です。
なので、ブレス等の最小限の事以外のメモはレッスン終わってから取るようにしてください。
沢山メモがありすぎて、楽譜にかきこむと見にくくなる場合には、練習ノートを作ってそこに書き溜める事をおススメします!

13913940_1223528847681456_4660612667678443890_o

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*) 
TwitterやFacebookでシェアやいいね、この記事にコメント↓お待ちしております(*´ω`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★オカリナアンサンブル菜の花畑のメンバー募集中!→ココ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

YouTube:上條美鈴
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です