ロングトーンをはじめたら生徒さんがこんな顔に…【フルート】

だいたい、いつもロングトーンは低いシから始めます。
中低音のシは力が入りやすいからです。
その低いシから半音ずつさがり、最低音のドまでいくと、今度はまたシに戻り、今度は上にあがっていきます。
その最低音のドまで、行って、
「じゃ、上向き、いきましょうか(*´ω`*)」
と言ったら、生徒さんがこんな顔に…

WP_20160722_002

明らかに困ってる…(笑)
「高い音、音鳴るかどうか悩んはったでしょ!!!」
って言ったら、
「はははは(笑)」
図星だったようです( ̄▽ ̄)

今日、暑かったですからね~。調子悪くなっても仕方ないです。
でも、高くなるほど息のスピードをあげて、アンブシュア(息を出す口の形)を小さくまとめるように気をつけてもらったら、ちゃんと音鳴りました(笑)

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*) 
TwitterやFacebookでシェアやいいね、この記事にコメント↓お待ちしております(*´ω`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★オカリナアンサンブル菜の花畑のメンバー募集中!→ココ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

YouTube:上條美鈴
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です