始めはいい音が出ているのに最後になるほど音がカスカスになるのは何故?【フルート】

今回の課題の一つのこちらをやっていると、始めはいい音が出ているのに最後になるほど音がカスカスになってしまいます
WP_20160616_002
なので、生徒さんにどうしてそうなると思いますか?と質問してみました。
答えは、「…力が入っているから…?」
でした。その通りなんですが、では、どうして力が入るんでしょう?

それは、ずばり、譜読みがきちんとできてないからです(;^ω^)

では、最初はうまくいっていた=譜読みが出来ている
後半がうまくいかない=譜読みが出来ていない

とすると、
後半がどうして譜読みがきちんとできないんでしょう?

もちろん、後半の方が難しかったのもあります。

でもね、みんな、最初から練習するじゃないですか。
だから、自然と最初は何度もやる事になるんです。
だから、最初は吹けるようになるんです。

これでは、いつまでたっても最後まで出来るようにはなりません。

というわけで、最後の難しい箇所を何度かやってもらう。
そこが出来るようになったら、4小節戻ってそこから最後までやる。
そこが出来るようになったら、さらに4小節戻ってそこから最後までやる。
後はそれの繰り返しで初めに戻るまでやる。

という、普段やるであろう練習の逆の事をしてもらいました。

最初に戻った時にはあら不思議。
もう、譜読みが出来るようになり、力も抜けていい音色が出るように。

大変ですけど、効果は絶大です!
どうしてもうまくいかない時、お試しあれ~♪

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*) 
TwitterやFacebookでシェアやいいね、この記事にコメント↓お待ちしております(*´ω`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★5月27日 門下生アンサンブル発表会
★2月10日 河内長野市にて依頼演奏
★1月27日 放課後デイサービス すまいるれんぼーぶりっじさん(大阪市)にて依頼演奏
★12月23日 ゲスト出演:六甲アイランドFeelライブ
★12月22日 堺市にて依頼演奏
★12月21日 オカリナアンサンブル菜の花畑にてボランティア演奏


★出張演奏いたします!お気軽にお問い合わせください!→ココ
★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★フルートオカリナ奏者上條美鈴★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
YouTube:上條美鈴
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
インスタグラム: misuzukamijo
Twitter:上條美鈴
音楽以外のことをつづるブログ:みすずの部屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です