笛年齢、いくつですか?

発表会が近くなり、とある生徒さんが、前回、かなり吹けていたのに、緊張して音が出なくなったりしたので、なので、こんな事、聞いてみました。

楽器を持った時が赤ちゃんで、超一流の演奏者、ベルリンフィルの首席奏者のエマニュエルパユが80歳としたら、あなたは、今何歳ですか?

その生徒さんは、フルート初めて2年。
なので、「1歳」と答えました。
じゃあ、その年齢なら、音がかすったりミスしたりしても当たり前じゃないですか?

その年齢にふさわしい演奏できたら合格ですよ。
今、レッスンしてるのが100点としたら、その70~80点の演奏が出来れば合格ですよ!大事なのは、そんな年なのに発表会に出ようとしている事なんです。

荒川静香が金メダル取った時、金メダルをとろうと思って滑ったのではなく、一つ一つ丁寧に滑ろう、自分の演技を大事にしようとしたから、結果的に金メダルが付いてきたんです。

だから、うまく演奏しようとするんじゃなくて、私に指導された事をひとつひとつ出来るように、そして、演奏できる事を、緊張を含め、楽しみながら当日は演奏しましょうね。

という話を20分ほどしつこく話をしたところ、劇的に音色が変わり、今までで一番よい音色が出るようになりました。

なので、他の生徒さんにも話をしていってますが、みなさん、気が楽になるのか、目に見えて音色が変わっています(*´ω`*)

人間、ほんと、メンタルに左右される生き物です。
そして、たいていの人は、自分の実力より上の演奏をしようとしたり、完璧な演奏をしようとします。それで、コケるんです(;^ω^)

私もそうでした(;^ω^)

本番、緊張して仕方ないという方。
ぜひ、こんな考え方をしてみてください。
そして、人前で演奏しようとしている自分は素晴らしいと、自分の事、もっと褒めてください!

そもそも、家事しながら、学校いきながら、勉強しながら、仕事しながら、練習時間見つけて努力してるワケじゃないですか?それだけで素晴らしいと思うんです。

大事なのは挑戦すること。
そのために努力すること。
100の努力しないとダメなんじゃありません。
1の努力をしているだけで素晴らしいんです。

発表会や本番前の方。
ぜひ、自分に言い聞かせてみてくださいね(*´ω`*)

_2819

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*) 
TwitterやFacebookでシェアやいいね、この記事にコメント↓お待ちしております(*´ω`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★5月27日 門下生アンサンブル発表会


★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★オカリナアンサンブル菜の花畑のメンバー募集中!→ココ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

YouTube:上條美鈴
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
Twitter:上條美鈴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です