音を出す時の注意

先日、生徒さんが上野星矢君のレッスンを受けた時の事です。

まず、ロングトーンから音色チェックが大抵始まるのですが。開口一番「それ、どんな音をイメージしてる?と言われました。生徒さんは黙ったまま。つまり何も考えて吹いてなかったというわけです(笑)
それ、バレバレだから(笑)」と。

そうなんですよ。何も考えずに吹いてたらバレバレなんですよ(笑)
そこでこんな指摘がありました。

自分が出したい音を思い浮かべて音を鳴らす。自分の音に責任を持つ

ロングトーンは音出しだからと、何も考えずに吹く人がとっても多いんです。でもね、うまい人は絶対、ロングトーンで手を抜いたりしません。その昔、ベルリンフィルの首席奏者のエマニュエルパユも、ロングトーンも曲だと思ってやるように。と公開レッスンで言っていました。

楽譜もない、だた音を出すだけの段階でいい音色が出せないのに、どうして曲でいい音色が出せるでしょう。もっと真剣にいい音色が出るように集中してロングトーンに取り組んでみてください。長くする必要はありません。

曲の練習にも言えますが、漠然とイメージを持たずに、音符をおいかけて吹いているだけでは絶対に上達しません。自分はどんな音色で演奏したいのか、ここはどういうイメージにしたらしっくりくるのか、強弱記号はpだけど、弱弱しくなのか暖かくなのか優しくなのか…そんな事を考えながら集中して練習していれば、すこしづつでも必ず自分の思っている演奏に近づいていきますので、今日から考えて練習するようにしてみてくださいね(*´ω`*)

InstagramCapture_495eba93-8b44-4e82-bb0a-375c38a9eb4a

 

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*) 
TwitterやFacebookでシェアやいいね、この記事にコメント↓お待ちしております(*´ω`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★5月27日 門下生アンサンブル発表会
★4月28日 DUOひだまりによるフルートとオカリナとピアノのコンサート@河内長野ラブリーホールホワイエ15時半開演
★3月8日 ケーナグループBIENTO DE KAWACHI さんのライブにオカリナアンサンブル菜の花畑にて出演。ソロでフルートも演奏します!@河内長野ラブリーホールホワイエ。午後より
★2月12日 ギターのソンギ君と神戸六甲アイランドfeelさんでライブ
★2月10日 高向公民館にて演奏
★1月27日 放課後デイサービス すまいるれんぼーぶりっじさん(大阪市)にて依頼演奏


★出張演奏いたします!お気軽にお問い合わせください!→ココ
★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★フルートオカリナ奏者上條美鈴★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
YouTube:上條美鈴
Facebook:上條美鈴(面識ない方はフォローでお願いします)
インスタグラム: misuzukamijo
Twitter:上條美鈴
音楽以外のことをつづるブログ:みすずの部屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です