それはほんとに清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟でした

プロフィールにあるんですが、フランスのパリ・エコールノルマルという音楽学校で、フルート教授されている、ジャン・フェランディス先生のレッスンを受けた時の話しをします(*´ω`*)

WP_20150301_001

 

ある日、ドルチェ楽器のホームページを見ていたら、偶然、フェランディス先生のマスタークラス(レッスンです)の募集をしているのを発見。しかも非公開で個人で受けれる。空き枠、なんと後1つ!!

しばし、そのまま固まる

前から、海外の先生に習ってる友人がうらやましくて仕方なかったんですよね(;^ω^)
だから、「いつか」習えたらいいな、ってずっと思ってました。

はい。それは「いつか」の話であって今ではなかったんです

なのに、今、それが叶ってしまうのか???え、嘘やろ???
えー、曲とかどうしたらいいんーー、今やってるやつでいい?全然吹けないけど???どーする?(>_<)でも、この間にもその枠は埋まってしまうかもしれへんどうしようなんて悩んでる暇ないわーーー!!!えええええいいいいい!!!

と、勇気を振り絞って申し込みをする私。

それはほんとに清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟でした。心臓が破裂しそうなくらいバクバクしてそれだけでどっと疲れました・爆笑

その日から、アホみたいに練習して練習して練習して当日になります。

ドルチェ楽器のホールがレッスン会場でした。レッスン前に、音出しができるように練習部屋を受講生には貸し出されてました。そこで曲を吹くも、キンチョーしすぎて全然指回らないしどーすんねん(ノД`)・゜・。
が、無常にも時間はやってくるのです…

呼ばれて、エレベーターにのって9階まであがってドア開いたら

輝かしいフルートの音色がっ!!!!
うおおおおおおおお!!!めちゃくちゃええええええ!!!ヨダレがぁぁぁぁっぁ!!!

もうこれだけで十分やで、帰ってもええで、ってな気持ちでした・爆笑

ホールに入ったら、フェランディス先生が目の前にっ!!!(当たり前・爆笑)
先生の前にいくだけで、もうカチコチの私。

そしたら、「緊張しなくていいよ」って英語で話かけてくれたんですけど、緊張するなとかそんなん無理に決まってるやんっ!!!(>_<)

そしてレッスンが始まり曲吹きます。が、曲で使用した部分は、簡単なメロディーの部分。吹かれへんってあんなに心配したけど、そんな心配全然いらんかった( ̄▽ ̄)
とにかく、ひたすらリラックスする方法を教わりました。

最後には、ドルチェ楽器の通訳の方に「最初と全然別人ですよ!!」って笑顔で言われたんですが、その時は、緊張しすぎて全然変化わかりませんでした…

なので、家帰ってから、その時教わったように吹いて録音してみたんです。

そ し た ら
ナニコレ、私の演奏なのか(◎_◎;)
音色が全然ちがう(◎_◎;)
音楽に表情までついてる(◎_◎;)
そして、これがきっかけでその後、脱力についてひたらすら研究するようになるのです…研究しすぎて、腱鞘炎になってフルート長い間吹けなくなったりもしましたが(;^ω^)

本当に先生、ありがとうございました(*´▽`*)

ブログはほぼ毎日更新しています。よかったら毎日見に来てくださいね(*´ω`*) 
TwitterやFacebookでシェアやいいね、この記事にコメント↓お待ちしております(*´ω`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★11月23日 教室ソロの発表会 
★11月19日 河内長野市商工祭 One Love FESTE 2017
★11月3日六甲アイランドのfeelさんにてギターのsonggwi君とBGM演奏
★10月20日(金)ピアニスト濵口真理子主催アンサンブルコンサート@豊中
★フルートとオカリナの生徒さん募集中。教室は大阪府河内長野と梅田中崎町。単発レッスンOK!教室案内→ ココ
★フルートオカリナ奏者上條美鈴★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>